日報 2022.05.27

今日仕事に行ったらプチ東京旅行なので頑張る。しかし誰のために頑張るのか?プロジェクトに貢献する気は既に失せている。(なぜなら上下関係をいきなり持ち出すマウントトリガーが居て、どうせワシの成果を自分の手柄にする手柄トリガーと分かっているため)。自分のためにやるのだ。

土産用に千鳥屋宗家寄る。待ち時間にお茶を出してくれる。旨い。

エリート飯。ゔゆさんに少し相談に乗ってもらう。他人にイラついているようなワシはまだまだガキですわ。

東京に思いを馳せながら黙々と作業。もう誰も来ないでくれ、一人が一番作業しやすい…。おかげで実装方法の道筋が見えてきた。認められるかは知らん。

エリート退社で朝日が眩しい。

エリート飯。

夜行バス、集合時間ちょうどにバス乗り場に向かったら誰も居なくて冷や汗出てきた。電話したら「全然間に合うのでラウンジに来い」とのことだったのでラウンジどこやねんと思ったら反対道路側にあって事なきを得る。

バス乗り経験が年齢に伴っていないので乗るまでに行う行動が不明。バス会社毎にオペレーションを統一してほしい。

夜行バス中は全くやる事が無いので、「テラフォーミングされた惑星に輸送ポッドで移送されている」のを想像しながら乗ると良いといつぞやに聞いた事があるので試してみると夢フィーリングが得られた。

おわい

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする