日報 2021.09.28

最終更新日

Comments: 0

起きたら目ン玉腫れてて辛くても出社。

法外チャリンコ用のキックスタンドが届いていたので取り付けた。推定30kg超えの車体も支えられる安定度。長さ調整もついててかなり良い。

下のダブルレッグのセンタースタンドも無理やりつけてたけど、タイヤのインチ数がでかすぎるのと車重が重すぎてスタンドの立ち上げが辛かったため外した。しかし普通のチャリにつける分には文句無しの商品だと思います。オススメ。

チャリンコをいじってる最中にPixel4aを何回か落としていたらついに壊れた。

嫁はんに貸してたXperia X compactが使っていないというので急遽返してもらってなんとかなった。サイズ感はやっぱりこっちのほうが好みだけどGoogleフォトの容量有限なのは辛い。本当に金が無いのでしばらくこれで観念。
来月の車検の値段次第でAliexpressでPixel4a修理キット買うかも。

なぜかGoogleアカウントよりPixel4aにインストールしていたアプリのバックアップリストアが出来ないので手動で使うアプリだけインストールしておく。

これはGoogle Keepのストアページの最高ペンギンです。

兄にもらったXboxOneのコントローラーをWin10PCにBluetoothで接続してみる。

Bluetoothなので余ってたBluetoothアダプタ(MM-BTUD44)を使ってみるもなぜか有効にできず。

MM-BTUD44の公式ページを見るとCSRドライバが入ってると有効にできないっぽいのでデバイスマネージャーから「CSR BlueCore デバイス」からドライバのアンインストールをして再接続してもCSRドライバが自動的にインストールされ解決せず。

調べてみると「CSR Harmony Wireless Software Stack」らしきアプリがインストールされているようなのでコントロールパネルから該当アプリをアンインストールしてから再接続するとWindows標準ドライバがインストールされて無事に接続できるようになった。

ただ接続の度にVisual C++ Runtime Errorが何故か表示されるので調べてみたら、どうも過去に入れたXbox360用コントローラーのドライバが悪さをしてるようなので以下参考に「Microsoft Xbox 360 Accessories 1.2」とやらをアンインストールして解決。

しかしボタン入力テストをしばらくしてると何回もペアリング断してよくわからない。原因調査したいけど今すぐ使わないので一旦観念。Bluetoothてこういうことばっかり起こるので欠陥規格なんではないかと毎回思う。

Thumbyがめちゃくちゃかわいかったので支援しておいた。

Kinesis Advantageでスト5(PC steam版)できないかどうか試してみた。
コントローラー設定でキーボードの好きなキーを割り当てられるかと思ったけど、
どうも初期で割り当てられたキーから変更することはできないっぽいので観念しかけた。

いろいろ模索したところ、KinesisのKeypad機能を全然使って無かったのでこいつを利用して、
Keypad状態のキーマップをRemapすることでスト5用のキーアサインに割り当てて対応した。

意外とHitboxっぽくできるなーと思ってたら214214系のコマンドが辛い。
中指と薬指を交互に押すのが苦手でこれはビーマニでも苦戦したので悩みどころ。
ビーマニの場合はボタンがでかいのでその時だけ指の配置を変えて対応したけどキーボードの場合はキートップが小さいので乱雑な操作を許さず厳しい。
Hitboxだとボタンが大きいのでできそうだけど入力遅延が発生するのは避けられないしこれはもう指を鍛えるしかないんかなーと思って一旦観念してしばらくレバコンに戻ると思う。
金があったらHitbox試してみたい。

おわい

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする